ワインよもやま話

CHABLIS 1erCRU

投稿日:

スーパーワイン売り場目立つ場所に動物絵柄シャルドネ600円ちょっと奥にマイポバレーシャルドネ1600円最奥にシャブリ3600円。普通の人は奥に行けば高いの感覚。

実は全部シャルドネワインなのでシャルドネと書けよと素朴に思うがフランスの法律でそう書いてはいけない。

蜜柑をサツマ、陶器をシナ、スッキリしたシャルドネといえばシャブリということで昔米国で作られるシャルドネワインがシャブリという名前で売られ悪貨は良貨を駆逐する事態となった。品種名を書かないのはシャブリというブランドを守るための法律なのである。

今やシャブリを名乗るのは言語道断だがそのおおらかな時代シャブリという同じ土俵で戦って負けた、人間忙しいので「シャブリ」までは見るが生産者や原産国までは見ないか判らないからである。

しかし600円も1600円の物もシャブリを目指して造ったスッキリした味できっとおいしい、価格が倍近いシャブリが倍美味しいかは気分の問題。大体シャブリの中には醸造技術が発展著しい中頑なに昔ながら方法で造っているワインもあり安い方が美味しいと感じる人すらいる。

それなのに何で高いのか?ブルゴーニュの最北限ゆえにかなり酸味が高くそこにこの地区特有石灰層によってミネラル感の加わったワインこそがシャブリというスッキリしたシャルドネワインで美味しいまずいの次元でないからである。

ただやっぱりそれにあぐらをかくとやっぱり見放される事になる。

-ワインよもやま話

Copyright© 酒をSakeにWINEはワイン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.