「ワインよもやま話」 一覧

no image

CHABLIS 1erCRU

2016/11/10   -ワインよもやま話

スーパーワイン売り場目立つ場所に動物絵柄シャルドネ600円ちょっと奥にマイポバレーシャルドネ1600円最奥にシャブリ3600円。普通の人は奥に行けば高いの感覚。 実は全部シャルドネワインなのでシャルド ...

no image

ワイン版緑の革命(仮)

2016/11/09   -ワインよもやま話

緑の革命(みどりのかくめい、Green Revolution)とは、1940年代から1960年代にかけて、高収量品種の導入や化学肥料の大量投入などにより穀物の生産性が向上し、穀物の大量増産を達成したこ ...

no image

ワイン・アウトブレイク、フィロキセラ(Phylloxera・filoxérica)

2016/11/03   -ワインよもやま話

同名映画は約20年前封切、欲に目がくらんだ人が猿を密輸したら未知の殺人ウィルスがあっという間に広まって人類の危機、そこで主人公ダスティン・ホフマンが活躍してどうにかする代表的パニック映画。 実際は世の ...

マイナー品種ティント・ヴェラスコ(tinto velasco)

タミャンカはイギリスと強いつながりがあった東欧産なので辛うじて品種名も載っている。(50年前ブルガリアは世界生産量ランキング6位そして1/4はイギリス向け)所がほぼいつでもフランス・イタリアに次いで偉 ...

マイナー品種タミャンカ(Tamianka)

知っている人は相当オタクな品種その1タミャンカ。 飲めば必ず記憶に残るグレープフルーツやレモンなどのかなり強い果実香が特徴、同じ様に香辛料やライチ香で有名なゲベルツトラミネールに近い特徴の品種。 ほぼ ...

もう誰も把握できない葡萄達

2016/10/24   -ワインよもやま話

最近リリース二本。左ブルガリアのタミャンカ、右スペインのティント・ベラスコ。 数年前までなら誰も判らなかった葡萄品種。だが別にこれからカベルネやシャルドネの様にメジャーになる期待の新星かと問えばNO、 ...

ヌーヴォー・NOUVEAU・NEWEST

F1カーは一般車とはかけ離れた車輪も運転席も剥き出し独特のフォルム、その代わりレーシングカー最高峰430km/h。 430kmの世界では操作誤るだけで大事故しかし安全性を考えパーツを付ければ速度はでな ...

no image

ワインというものは 2

2016/06/13   -ワインよもやま話

CMで見かけるパスツール研究所、その創設者パスツールが約150年に酵母を発見するまで経験則で仕込んでおけばアルコールが出来る職人の勘どころの世界。 日本で言うと原木に菌が来るのを待つ椎茸栽培。風任せな ...

no image

ワインというものは

2016/06/03   -ワインよもやま話

ワインは欧州では神様が作ってくれたお酒と言われている。 諸説あるがまず原材料ブドウのみ、そして(相当好条件が重ならないと現実的には無理だが)放っておけばお酒になっているので神の贈り物だそうである。 世 ...

映画世界一美しいボルドーの秘密

2016/03/04   -ワインよもやま話

映画に出てくるそうそうたる面子、皆雑誌や専門書で名前を出す第一級の評論家。 インタビューの舞台、豪華な建物。約220年前フランス革命で散った国王が死に水選ぶほど昔からある高貴なボルドーワイン。 歴史と ...

解ると楽しいまずはシャルドネ

2016/02/25   -ワインよもやま話

コンビニやスーパーなどで売っているワイン、少し目をこらしてみれば必ずそこには「シャルドネ」のワインがあると思います。 これはシャルドネが一番飲みやすいが飲みやすい白ワインだからです。 シャルドネ種の魅 ...

分からないが解るとより楽しい、値段の差

2016/02/24   -ワインよもやま話

この三本を見比べてほしい それぞれ左から千円台・二千円台・三千円台とランクが高くなっていく この価格差はなにかというと中身にどれだけ手間暇をかけたかである。 一番左はオーストラリア産ワイン、産地とブド ...

分からないが解るとより楽しめる

2016/02/10   -ワインよもやま話

昔なんでも鑑定団幕間大和証券のCMで 若い夫婦が売り場に並ぶ四種類のべビーカーから選んで買っていく普通の風景 そこに教授が現れて「ふつう『選択肢が多い方がよりよい物を選べる』と思うでしょ?」と売り場に ...

Copyright© 酒をSakeにWINEはワイン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.