よもやまはなし

今更の、ブレンドウィスキー

投稿日:

どこでも売っているベルやバランタイン、昭和生まれならみんな見覚えあるジョニーウォーカー

焼酎がブームからやっと全国区に…の遙か前から全国区

売れているのだから工場からどんどん出荷しているのだろうなと思うかもしれないがウィスキーはなかなかに難しい。

これらの銘柄は麦だけで作ったモルトウィスキーとトウモロコシなどで作ったグレーンウィスキーをブレンドしたブレンデッドウィスキーという種類である、グレーンウィスキーはホワイトリカーの様な物で大量生産が可能でこれだけなら材料投入した分だけ作れる。

それに対してモルトウィスキーは大変手間がかかる単式蒸留器で作り手間の分麦の味が濃い、これこそ旨味なのだが原材料の麦・蒸留日の気温・樽の材質や個性そして最低熟成年数3年を経る当たりになると隣の樽でもずいぶん違うものになっていく。

それでもブレンドすればそれなりにおいしくなっているかもしれないがそうで無いときもある、その時おいしくなかったらゴメンねで済むわけはないので各ブランド専門のブレンダーを雇っていつ何処で飲んでも同じ味になる様にブレンドしているのである。

なおジョニーウォーカーは年間売上で約2億本、法律で決められている樫樽最大容量700Lで割ると約23万樽。いつでも同じ味というのは意外と大変なのです。

-よもやまはなし

Copyright© 酒をSakeにWINEはワイン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.