ワインよもやま話

ワインというものは

投稿日:

ワインは欧州では神様が作ってくれたお酒と言われている。

諸説あるがまず原材料ブドウのみ、そして(相当好条件が重ならないと現実的には無理だが)放っておけばお酒になっているので神の贈り物だそうである。

世界で一番飲まれているお酒のビールはまず麦を小麦粉にそしてパンにしてから水と言う行程を経てやっとお酒になる、日本酒も炊いたお米をそのままにしてもお酒にはならない。

しかもビールは麦の他にホップなども入れなければスッキリ感がないアルコール入り麦汁、日本酒はそもそも炊きたてのうちに酵母を添加しないとアルコール発酵すら起こらず冷や飯になるだけ。

その点ブドウを集めておけば大体お酒になっていて原料が果物なのでしっかり味があっておいしい、そんな物が冷蔵庫は当然缶詰もない時代から存在しているのだからそれは贈り物と呼ばれますわな。

-ワインよもやま話

Copyright© 酒をSakeにWINEはワイン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.